HOMEブログ本館英詩と英文学マザーグースブレイク詩集ビートルズ東京を描くフランス文学



魔女にされたフォールスタッフ


ウィンザーの二人の女房たちの計略とフォードの気違いじみた嫉妬のためにひどい目にあったフォールスタッフだが、彼の受難はこれだけではすまなかった。追い討ちをかけるように、第二第三の受難が待ち受けているのだ。

  フォールスタッフ:俺様がいままで生きてきたのは
   豚の肉の固まりのように籠に詰め込まれて
   テムズ川に放り投げられるためだったのか?
   もう一度同じ目にあうようだったら
   俺の脳みそをほじくりだしてバターをまぶし
   犬のお年玉にくれてやってもいいぞ(第三幕第五場)
  FALSTAFF:Have I lived to be carried in a basket, like a
   barrow of butcher's offal, and to be thrown in the
   Thames? Well, if I be served such another trick,
   I'll have my brains ta'en out and buttered, and give
   them to a dog for a new-year's gift.

フォールスタッフはここで、いくら自分がお人よしでも、二度と同じ失敗は繰り返さないと誓っている。それなのにやすやすと同じような罠にはまってしまう。それは女たらしの性分が、フォールスタッフを突き動かして罠にはめさせるという側面もあるが、やはり彼が道化であることの必然的な結果だともいうことができる。道化というものは、同じ失敗を延々と繰り返すものなのだ。

さて女房たちのほうでは、一度や二度懲らしめるくらいでは気が収まらない。なんといってもフォールスタッフは、自分たちの貞操に挑戦し、そこらへんの浮気女と同じような扱いをしたのだ。

ブルジョアの女房は、貞淑であることが第一の美質だ。貞淑でなければ家庭は守れない。その貞淑をもてあそんだフォールスタッフの罪は大きい。

  ページ夫人:とんでもない悪党だわ いくらいじめてもいじめたりない
   わたしたちが身を以て実証してやりましょう
   陽気な女房が不実な女房とは限らない
   ふざけて笑っていても浮気女とは限らない
   むっつりしているものこそ実は助平というでしょう(第四幕第二場)
  MISTRESS PAGE
   Hang him, dishonest varlet! we cannot misuse him enough.
   We'll leave a proof, by that which we will do,
   Wives may be merry, and yet honest too:
   We do not act that often jest and laugh;
   'Tis old, but true, Still swine eat all the draff.

女房たちが新たに仕組んだ罠というのはこういうものだ。まずフォード夫人がフォールスタッフに使いをやって先日の災難を見舞い、実はそれが自分たちのあずかり知らない原因で起こったものだったと言い訳する。思いもかけずフォードの亭主が割り込んできたために、計画が狂ってしまったというのだ。

その上でもう一度改めて逢引したいと誘惑する。フォールスタッフはさして疑うことなく、またもや自分から罠の中に飛び込んでいくのだ。

一方フォードの亭主のほうは、女房に対する疑いが晴れない。そこでもう一度変装してフォールスタッフを訪ね、女房と彼との間の秘密を探ろうとする。亭主の変装を疑わないフォールスタッフは、ほかならぬ亭主の家で女房と逢引する計画を告げる。

そこでいよいよクライマックスだ。フォードの家にやってきたフォールスタッフは、女房たちによってまたもや振り回され、魔女の格好をさせられる。そこへ嫉妬で狂った亭主がやってくる。そして給仕たちが洗濯籠を担いで通りがかるのを捉えると早速毒づき始める。

  フォード:籠の中には燕かい! この悪党どもめ!
   みんなでよってたかってわしをだますつもりだな
   恥知らずの悪魔め
   おい 女房はどうした 出て来い
   お前がどんな洗濯物を出そうとしているか あばいてやる
  ページ:どうしたことだ フォード君
   これ以上馬鹿なことをすると 後ろに手が回るぞ
  エヴァンス:狂気の沙汰だ 狂った犬のようだ
  シャロウ:まったくです フォードさん よくないですぞ
  フォード:よくないのはこっちのことですよ(フォード夫人登場)
   これはこれはフォードの奥さん、正直者で、しとやかで、貞淑な奥方、
   あなたは嫉妬深い男を夫に持たれておるとか
   その男の疑いには根拠がないということですか
  FORD:Youth in a basket! O you panderly rascals!
   there's a knot, a ging, a pack, a conspiracy against me:
   now shall the devil be shamed.
   What, wife, I say! Come, come forth!
   Behold what honest clothes you send forth to bleaching!
  PAGE :Why, this passes, Master Ford; you are not to go
   loose any longer; you must be pinioned.
  SIR HUGH EVANS:Why, this is lunatics! this is mad as a mad dog!
  SHALLOW :Indeed, Master Ford, this is not well, indeed.
  FORD:So say I too, sir.(Re-enter MISTRESS FORD)
   Come hither, Mistress Ford; Mistress Ford the honest
   woman, the modest wife, the virtuous creature, that
   hath the jealous fool to her husband! I suspect
   without cause, mistress, do I?

フォードは籠の中にフォールスタッフが潜んでいるとにらんでいたのだが、籠をいくらひっくり返してもフォールスタッフは出てこない。すっかり面目を失ってうろたえていると、そこへ魔女にさせられたフォールスタッフが通りがかる。

興奮したフォードには、それが目当てのフォールスタッフにはみえない。憎むべき魔女にしかみえないのだ。そうなるとこの不吉きわまる化物を、家の中からたたき出さなくてはならない。

  フォード:この婆め、(フォールスタッフを打つ)
   出て行け、この魔女め、鬼婆め、老いぼれ婆め、
   いたち婆め、くそ婆め、失せろ 失せろ 魔法はこう使うんだ
   運勢はこう占うんだ
  FORD:I'll prat her.(Beating him)
   Out of my door, you witch, you hag, you baggage, you
   polecat, you runyon! out, out! I'll conjure you,
   I'll fortune-tell you.

こうしてさんざん打ちのめされたフォールスタッフは、ほうほうの体で逃げていく。それにしても道化が魔女にさせられるとは、いたく込み入った細工だといえよう。





前へHOMEウィンザーの陽気な女房たち次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである