HOMEブログ本館英詩と英文学マザーグースブレイク詩集ビートルズ東京を描くフランス文学



女たちの呪い:リチャード三世


シェイクスピアの王権劇においては、女たちは常に嘆き悲しみ、怒り狂っている。暴力が支配する世界にあって、愛するものを理不尽に奪われるのは、いつも女たちなのだ。

リチャード三世においては、そんな女たちの嘆きが凝縮された形で表現される。先王ヘンリー六世の后マーガレット、エドワード四世の后エリザベス、そしてエドワード王、クラレンス、リチャード三世の母であるヨーク公爵夫人、この三人の女が、一同に会して、次々と嘆きの言葉を交わす。それはまさに怨念のコーラスといった観を呈している。

彼女らの愛するものを殺したのは、すべてリチャードの仕業である。この共通の仇に対して、敵同士であったはずのマーガレットとエリザベスは、不思議な共感を抱きあうにいたる。

それに対して、ヨーク公爵夫人にとっては、リチャードは自分の息子である。その息子が、同じ自分の息子であり、リチャードにとっては兄たちにあたる人を殺した。だから彼女の嘆きは、屈折したものにならざるを得ない。

  マーガレット:わたしにはエドワードがいたが リチャードに殺された
   わたしにはハリーがいたが リチャードに殺された
   そなたにもエドワードがいたが リチャードに殺された
   もう一人のリチャードも リチャードに殺された
  ヨーク公爵夫人:別のリチャードは そなたに殺された
   ラトランドも そなたのために殺された
  マーガレット:そなたにはクラレンスもいたが リチャードに殺された
  ヨーク公爵夫人:おお ハリーの后よ わたしを苦しめないでおくれ
   わたしはそなたのために泣いたこともあるのだ
  QUEEN MARGARET:
   I had an Edward, till a Richard kill'd him;
   I had a Harry, till a Richard kill'd him:
   Thou hadst an Edward, till a Richard kill'd him;
   Thou hadst a Richard, till a Richard killed him;
  DUCHESS OF YORK: I had a Richard too, and thou didst kill him;
   I had a Rutland too, thou holp'st to kill him.
  QUEEN MARGARET: Thou hadst a Clarence too, and Richard kill'd him.
  DUCHESS OF YORK: O Harry's wife, triumph not in my woes!
   God witness with me, I have wept for thine.

マーガレットとエリザベスの嘆きは、怒りを通り越して呪いにまで高まる。その呪いが激越な言葉となって、ほとばしり出る。それはいずれ訪れるであろうリチャードの没落を予言しているかのようだ。

  マーガレット:大地が口を広げ 地獄が燃え 悪魔が叫び 聖者が祈り
   リチャードをこの世から消し去ろうとしている
   神よ あいつの息の根を止めて 私を安心させて欲しい
   犬は死んだのだと!
  エリザベス:あなたはいつか予言されたことがあった わたしにも
   あなたの力を借りてリチャードを呪うときがくるだろうと
   あの畸形の怪物 背虫のガマガエルを!
  QUEEN MARGARET:
   Earth gapes, hell burns, fiends roar, saints pray.
   To have him suddenly convey'd away.
   Cancel his bond of life, dear God, I prey,
   That I may live to say, The dog is dead!
  QUEEN ELIZABETH: O, thou didst prophesy the time would come
   That I should wish for thee to help me curse
   That bottled spider, that foul bunch-back'd toad!





前へHOME歴史劇リチャード三世次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである